タイトルで推奨スペックが探せるゲームPC購入ガイド - ゲームパソコンガイド

ショッピングリンク
BTOカスタムパソコン購入ガイド
ノートパソコン販売ナビ
ビジネスパソコン購入ガイド
クチコミ商品ガイド
くちこみショッピングガイド
麻雀ゲームJOYJAN
CPU性能比較一覧表

CPUはコンピューターの処理性能を大きく左右する頭脳とも言えるもので、現状IntelとAMDの2社の独占市場となっています。元々はIntelの一人勝ち状態だったのですがAMDが低価格CPUを武器に参入し今では互角とも言える立場にまで成長しています。製品開発競争は勿論、PCゲーム世界大会・関連イベントのスポンサー、果ては高度な技術を持つゲームプレイヤーチームを金銭面と製品面でサポートしたりと、各方面でも熾烈な戦いを繰り広げています。ここでは両社のCPU性能の目安表を簡単に書き記しておきます。

Intel
AMD
追記
Core 2 Extreme Athlon 64 FX Core2 ExtremeはIntelデスクトップCPUで最高性能を誇るモデル、Athlon 64 FXも末尾の数値が最も高い物が同等性能といえます。
Core 2 Quad Athlon 64 FX Core2 Quadはパワーユーザー向けモデルという位置付け。
Core 2 Duo Athlon 64 X2 共にコストパフォーマンスに優れたデュアルコア一般向けモデルと言えます。
Core Duo Turion64 X2 ノートやモバイル向けに設計されたデュアルコアモデル。
Core Solo Turion64 ノートやモバイル向けに設計されたシングルコアモデル。
Pentium D Athlon 64 Pentium4/Athlon XPの後継モデル。高クロック戦争が繰り広げられた時代の最終モデル。
Pentium M Turion64 上記の低電力版。
Pentium 4 EE   Pentium 4の最上級モデルという位置付け。Core2が出るまではデスクトップ搭載用CPUの中では最高のパフォーマンスを誇っていた。今でも高い。
Pentium 4 Athlon XP Pentium3/Athlonの後継モデル。高クロック戦争真っ盛りだった頃、両社とも相手が0.1Ghz性能向上すれば記録更新仕返すというある意味とても熱い時代のモデル。
Celeron D Sempron Celeron/Duronの後継モデル。 
Celeron M Sempron 上記の低電力版。ノートやモバイルによく搭載されています。
Celeron Duron 廉価版CPUという位置付け、パワーユーザーには見向きもされないがオフィスパソコンやライトユーザーには大変喜ばれる低価格CPU。 
Pentium 3 Athlon クロックアップが注目されはじめた時代のモデル。
Pentium 2/MMX K6/K6-2 もはや化石状態。意外とメジャーな某firewallなどに組み込まれ今も現役で使われていたりします。クロックは266~400Mhz程度が主流でした。
Itanium2 Opteron

大規模サーバ用途、ItaniumはXeonの後継モデル。

Xeon Opteron 大規模サーバ用途
備考

Intel/AMD製品ともに機種名の後ろについている数が大きいものが高性能&新商品の目安となります。またItaniumやXeon、Opteronは主にデータセンターやサーバなどに用いられる高価なCPUなので個人ユーザーが手にする機会はあまり無いでしょう。

またIntel新製品Coreシリーズの末尾についている記号の意味は以下の通り

X:75ワット以上ハイエンドモデル
E:デスクトップ標準55~75ワットモデル
T:モバイル用25~55ワットモデル
L:低電圧15~24ワットモデル
U:超低電圧15ワット以下モデル

ワット数を多ければ多いほどハイエンド化が可能になるので性能も価格も比例して高くなります。

数値の意味は以下の通り

1000番台:Core Solo
2000番台:Core Duo
4000番台:デスクトップモデル廉価版
6000番台:デスクトップモデル標準以上モデル
5000番台:ノート・モバイルL2キャッシュ2MBモデル
7000番台:ノート・モバイルL2キャッシュ4MBモデル

色付けされていないモデルは既に旧機種扱いとなっており価格も安くなっています。

 

一つ注意しておきたいのは以前繰り広げられた高クロック化競争は過去の物となっており、それ以外での性能アップがメインとなっています。主な項目にFSB(バス速度)・キャッシュ(L1/L2キャッシュ、最近ではL3まであったりします)・デュアルコア化などがあります。

クロック

気をつけなければいけないのは最新のデュアルコアだからといってもシングルコアよりもクロック数は低いのがまだ一般的です。例としてPentium 4(3.8Ghz)とCore 2 Duo E4300(2.0GHz)ならばPentiumDのほうが単一処理は速いということになります。

ゲーム中にバックグラウンドで常に何かのプログラムを動かす予定がないのであれば無理にデュアルコアにしないほうが良い場合もあります。

FSB

FSB とはマザーボードの基本クロック数の事でCPUに表記されているFSBはこのマザーボードの基本クロック数*n倍した数値が対応している事になります。基本クロック数が133なら*5で667Mhz、*6なら800Mhzとなります。

FSB はCPUがパーツとデータのやり取りをするスピードなので同じ3.0Ghzのクロック数を持つCPUならばFSBの値が大きいほうが性能も値段も高くなります。

キャッシュ

キャッシュとはCPU内にあるデータ保管場所と考えていただいて結構です。本来ならばメモリスロットに装着されているメモリ(RAM)を使用しますが、小さな処理命令などメモリを経由する必要がないものはCPU内部で保管しつつ処理を行えば処理速度時間が短くて済みます。


キャッシュにはL1/L2/L3(一次/二次/三次)キャッシュと呼ばれるものに分かれていますが基本的に用途は一緒です。キャッシュ容量が大きければデータを一時的に保管出来るという事になります。ゲームやグラフィック表示には単純な処理命令が多いのでキャッシュの多いCPUなら快適に動くはずです。

デュアルコア クロック数の項目でも少しご説明しましたが、簡単に言うとデュアルコアは別々のプログラムを同時に動かす場合に適しています。

例えばシングルコアで非常に重いプログラムを動かして3.0Ghzでは処理が追いつかない場合、別で動かしているプログラムも当然重くなったりフリーズしたりしてしまいます。デュアルコアならゲームは重くても、別の処理領域を確保してその他のプログラムを動かすので共倒れになる事がありません。

 

どうせ買うなら高スペック・ハイエンドモデルを!と思ってしまいがちですが、昨今のハードウェア開発スピードは恐ろしく速いのですぐに新製品が登場しますし上記を全てを満たすCPUが搭載されているゲームパソコンはそれなりに値段も高いので、性能と価格で妥協できるタイプを選ぶのが良いでしょう。

2007/2/4現在